Deer + Garden

Shikaniwa=Sandy=Jido=Sundy=Alice=Oriza=Saori 's official WebSite

2007〜2009 stories list

2007.02.12 Poetry 

なぜだか いろんな人が欲しがる物だけど。 全ての人が 「思いやり」で行動すれば、 世界中が 自由でいられる気がするわ☆ 略 2007.03.02 Poetry 人は Am7:00〜Pm11:00。 ドラキュラは、 Pm7:00〜Am11:00。 7:00〜23:00と、19:00〜11:00。 人間は月の光に照らされたって、 溶けたりしない。 ドラキュラは、 太陽に照らされると砂になる。 ドラキュラは21:00〜5:00くらいしか、 お外に出れないの! 略 


2007.03.20 MiniStories " Wizard " 

2007.03.25 MiniStories " quick " 

2007.04.14 Poetry 

2007.05.06 Poetry 


2007.07.28 Poetry 

夢はいつも、 鮮やかな色で 窓の外は 白く輝いていて、 青い空を よく見上げた。 略 


2007.08.28 Poetry " triangle " 

2007.10.12 Poetry " Magic " 


2007.11.06 Poetry " Time " 

タイムマシンに乗って、 過去へ行く間にも 時間は前に進んでいる。 略 


2007.11.28 Poetry " This " 

信じられる物は  時の流れの外にあって、 形態の変化はあっても不変的。 いつ見ても 新しいようで、 懐かしいような。 過去も未来も持っています。 略 


2006,2007 MiniStories "very-big-birdcage" 

2008.02.13 MiniStories " angel " 

2008.02.17 Poetry 


2008.02 MiniStories " dreamy " 

+* The world of boy *+ It's funny, and a little wonder ★ It is very usual, and always ♪ +* The world of antique girl *+ always dreamy! 略 


2008.02.24 Poetry 

きらいなもの? 黒いウソツキさん★ 正直に生きてる?? 


 2008.02.27 Poetry " cross " 

十字架 照らす光が、白くて強いの☆ 多くの人に好かれるのよ☆ ★☆ピッカピッカ★☆ ♪×♪×♪×♪ 


2008.03.06 Poetry " beautiful " 

誰に臆することもなく、 華麗で高貴なかたなのに、 突風に  辺り構わず一面に舞い 惜しげもなく 散りゆくは 桜にも似ていて★ 儚くも 美しゅう存じます☆ 略 


2008.03.09 Poetry " ALICE " 

もうすぐ春です、 今日はとても暖かい。 日暮れまで、 ずっと お庭にいた。 お喋りは、お紅茶を飲みながら★ よくって? 貴族とメィドを 間違えるとコワくってよ★ アリスのエプロンは、 ドレスを汚さないためのもの★ 給仕の形じゃなくってよ★ アリスは とっても ノリが良かったのよ☆ 略 


 2008.03.13 Poetry " Swan "  

陸でアヒルが ガァ と鳴いて、 湖上の白鳥は 間違えて ガァ と答えたわ★ カナリアは上で無邪気にピピピ★ 遠くでは 足の長〜い鶴が、 オペラのような い〜声で、 アヒルと白鳥は 『誰かしら?』 と 振り向いたのよ★ アヒルは なんとも思わなかったけど、 白鳥は落ち込まなかったかしら? 略 


2008.03.28 Poetry " myth " 

2008.04.01 MiniStories " skull " 

2008.04.19 Poetry " dreamy " 


2008.05.17 Poetry " dice "  

コロコロ・サイコロ、 フリダシに戻る☆ しばし待ちましょ☆ こんがらがった糸 ほどけるまで 「糸巻きから、どんどん解いたのは誰?」 別の糸巻きに  巻くスピードが合わなくなって、 からまった。 ゆっくりお眠り、いばらの妖精。 


2008.05.19 Poetry " intertangle " 

どんどんからまる 糸 身動きが取れないわ☆ まるで 足カセ わたしを止めるのは?  誰? 早く解放してちょうだい☆ 自由の元にあるべき者、 きっと、 とっくに月の おもてがわ。 


 2008.05.29 MiniStories " castle & prince " 

お城での生活は不自由無いけれど、 少し窮屈だったんだ。 ときどき、目をつぶって  遠くの国へ行ってみる。 略 


 2008.07.27 MiniStories " traveler "  

砂漠の真ん中に居て、 旅人に道を教えてくれる。 二度と見つけることは出来ないから、 礼儀正しく、 深くお辞儀をしてから出発するんだ。 略 


2008.09.23 MiniStories " dark waterfront " 悪夢編  

とても暗い森の水辺にいて、 水中から、とても怒っている 怖い顔の女の人が出てくるのです。 暗い水の中に引きずり込まれるような、 怖い怖い目の女の人が出て来るのです。 


2008.11.09 Poetry " rainy & blossom " 


2009.03.05 MiniStories " comet " 

2009.04.08 MiniStories " Twins " 

2009.07.07 MiniStories " Stars " 

 2009.07.31 MiniStories " Boy & Rabbit " 

2009.08.04 Poetry 

2009.08.08 Poetry 

2009.08.09 Poetry " Word " 


2009.09.21 Poetry " Ribbon " 

凍えてしまわないように まきなおしてくれた 白いリボンは 今日もちゃんと むすばれていて、 それが見える日は 嬉しくなる。 強い強いリボンは、 マフラーみたいに ふわふわで、あたたかい。 二つのカラーの 組み合わせ、 変てこにならないよう、 上手に色をのせていこう。 全てが きれいに混ぜられたとき きっと、 真っ白な光になるから。 


2009.09.25 MiniStories " Rabbit " 

遠い昔からやって来た。 わがままで、むずかしい子。 カモメになって 海の上を飛びたがってた。 略 


2009.09.30 Poetry 

2009.10.01 MiniStories 


2009.12.11 Poetry " wasteland " 

殺伐とした荒野へピクニック。 裸足で出てきてしまったから、 慌てさせてしまったね。 お弁当のお月見団子は、 あとにも先にも、あれ1つ。 ボリューム大きい蓄音機さん、 大きな声でわめいてた。 あの子は今日は救われた? 尖った葉は耳に直接つき刺さるから。 両手で耳をふさいで泣いていた。 あの暖かな雲の上とは、 和音の響きが違っていて。 竪琴は今日も春の音を奏でているよ。 聴こえているかな? 静かなお月さまへ帰ろう。 そっと竪琴の音色を聴こう。 


2009.12.18 Poetry " cloud " 

大きめの丸い雲が、 飛び石みたいに、 一直線に並んでいて、 軽くスキップ。 終点はどこ? 略 


2009.12.26 Poetry " traveler " 

全ての日が、懐かしくて。 まだ知らない日々は、 ありのままに進むの? もし、世界の全てが逆らったって恐くない。 研がれた牙と、 鋭いツメを隠して持って。 デジャヴすら思い通りいかない。 きまぐれに彩ってゆこう。 


2009.12.30 Poetry " moon " 

3分の1かじられた、お月さま。 イチゴとカスタードの ホイップから飛び出した。 あんなに高く昇っているのは、 ほっそりとした背の高い 紳士がかじっているから。 青色の燕尾服。 ステッキ持って、 シルクハットかぶって。 :)